2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

EVネタ

2013年1月27日 (日)

EVが普及しない原因。

 ここに恨みつらみを書こうというのではありませんが、
こんなところにもEVが普及しない原因があるのではないかと思いましたので、アップします。
 一月某日、宇都宮某所の急速充施設での出来事です。
”充電お願いしまーす(^^ゞ”
とわたし。
”会社関係のお車は、お断りしてるんですよ(-.-)看板とか大きく書いてある会社様のお車はちょっと・・・・・・”
と係員さん。
”え、なんで?”
”タクシーなんかが充電器を占領しちゃうと、一般のお客様が使えなくなっちゃいますので”
”この充電器は社会貢献の一環として設置して、無料でやらせていただいておりますので・・・・・・”
”充電しないと黒磯まで帰れないんで・・・・・・”
と、私。
”今回は目をつむりますけど・・・・・・”
と係員さん。
・・・・・・。

このやりとりを読んで、どう思われたかはそれぞれだと思います。
しかし、実際こういうことがあったのですよ。実際。
あてにして行った急速充電器設備でこういうことがあると、どうでしょう?
みんな、EVにはますます乗りたくなくなっちゃうんじゃないでしょうか?
タクシーみたいに、お金を頂いて商売している車は、自前で充電器を用意しなきゃいけないというのもわかります。
しかし、相馬自動車商工のリーフは、いくら派手な看板が書いてあるとはいえ、お客様を乗せてお金をいただいている訳じゃありません。
”無料で”とは言いませんが、
”お断り”はあんまりだと思いませんか?
まして、この充電器は法人関係はお断りです。なんてことは、全然知らされてないのですから。
当てにして行った先で充電を断られたら、EVの場合、ほんとに路上で立ち往生もありえます。
今EVが普及しない一番の原因は、”急速充電器が少ないから”です。
もう、今回の一件で、はっきりそう思いました。
ガソリンスタンドみたいに、乱立するぐらいに急速充電器があれば、ちょっと高くてもEVを買う人はたくさんいると思いますよ。
今の状況だと、わざわざ不便するために高いEVを買うようなもので、売っている私が言うのもなんですが、
そりゃ普及しないでしょう。
リーフやアイミーブは、ケチのつけようがないくらいいい車だと私は思うのですが、にもかかわらず、どなたにでもおすすめできるかというと、悩んでしまいます。
”EVが普及しないと急速充電器も普及しない”というのでは、どーでしょうか?
EV普及に先鞭をつけたメーカーの心意気を後押しするつもりで、自治体なんかが頑張るっていうのは、無理なんでしょうか?
 私がEVを買って本当に良かったと思うことのひとつは、このように、今まで考えもしなかった事を、こうやって考えるようになったということです。
 皮肉でもなんでもなく、私のような”車屋さん”としては大正解でした。


20130126_204430


20130125_144921


2012年9月18日 (火)

横浜でこのような乗り物に乗りました。

 夏のレジャーの一環として横浜におもむいたわけですが(笑)
その横浜にてこのような乗り物に乗りましたのでご報告申し上げます。
20120823_155118
見覚えあるコクピット。
宇都宮のような地方都市でもときどき目にする”リーフタクシー”に試乗。いや、試乗じゃないな。まあ、とにかく乗りました。
20120823_155129
当たり前ですが、ごちゃごちゃと、タクシーメーターやら何やらが、ところせましと取り付けられていて、おせじにも美しいとは言いがたいですが。
でも、まぎれもなくリーフタクシーでした。
エアコンかけっぱなしで、走っていましたが、
”首都高通って千葉まで”とか言われたら、電気は大丈夫なんでしょうか?
”近距離専用”とはどこにも書いてありませんでしたが。
あと、グレードは、質実剛健のリーフXでした。が、これで十分。
リーフGに標準のクルーズコントロールなんて、高速道路苦手なリーフは、ほとんど使わないです。
”これリーフでしょ?”
”そーですよ”
”写真とっていいですか?”
”はいどーぞ”
ドライバーさんは、もう何回もお客さんに聞かれて、うんざりしてるかもです。
たんたんとした受け答え。
リーフの乗り味は、ハイブリッドよりもフツーの車に近いです。
運転は、超らくちんで、ドライバーさんにもやさしいのではないでしょうか?
あとは、やっぱり電費か・・・・・。とこの問題はループしてしまうのでした。
それにしてもリーフのナビはけっこう優秀だと思うのですが、
もう一個ナビを追加してるのはなぜ?

2012年3月14日 (水)

リーフ、変身!

20120314_161757
CGじゃありませんよ。
以前このブログで
”実はHip'sさんとのコラボによる次の企画を考え中です。
リーフの一周年を記念して、リーフにも誕生日プレゼントを考案中です。”
と書かせていただきましたが、実はこういうことだったのです。
リーフくんにとってはありがた迷惑なプレゼントかもしれませんが、
せっかく何かの縁あって相馬自動車商工にやってきたのですから、
もっともっと活躍してもらおうとの魂胆で、このような大胆なグラフィックをまとうこととなりました。
考案してくれたのは、相馬自動車商工のホームページを作成してくれているメディアクリエイト集団(というか、正確には一人と一匹)、Hip's代表の人見さんです。
この動物、何に見えますか?
20120314_161732
20120314_161809
実はこの子は、度重なるオヤジ二人のカフェミーティング(と言ってもガストですが)
から産み落とされたハムスターの”なおまくん(仮称)なのであります”
社長の私は、打ち合わせと称して、このようなものを考案しておりました。
相馬自動車商工スタッフの皆様、ごめんなさいm(_ _)m。
 同業のお友達からは、痛車か?と揶揄されております。
が、スタッフの中でもっとも若い、平成生まれのOメカニックには、
”俺的にはぜんぜんオッケーですよ”
という、泣かせるコメントをいただいております。
”どーだ、ナウいだろ?”
20120314_161823
というわけで、このナウなリーフともども、相馬自動車商工をどうぞよろしくお願い致します。
最後になりましたが、デザインを担当してくれたHip'sの人見さん、カッティング施工を担当してくれた宇都宮の松屋文字さんに、この場を借りて御礼申し上げます。m(_ _)m。

2012年2月28日 (火)

リーフ、この一年。

 しみじみと、相馬自動車商工のリーフが購入一周年を迎えました。
思い起こせば一年前の2月28日、雪混じりの雨の中、うやうやしくローダーに積まれてリーフがやってまいりました。
そしてその10日後、思いもよらぬ東日本大震災、そしてガソリン不足がやってまいりました。
今思うと、皮肉にも、この時が、うちのリーフの一番の見せ場でありました。
買ったばかりのリーフにガソリンの携行缶を積んでガソリン給油の列に並ぶというのは、今思うとイヤミ以外のなにものでもなかったかもしれません。が、とにもかくにも、お客様のためにも、そして自分たちのためにも動ける車を一台確保できた。ということは、心強かったであります。
 そして桜の咲く頃、元気を出そうぜ、那須高原。の名のもとに?Hip's代表の人見さんとのコラボでポッドキャストを作ってみたりもいたしました。
 6月には、宇都宮出張中に、あわやの電欠寸前事件。
 節電の夏には、リーフもエアコン使用を控え、窓を開け放って節電疾走。
11月のお客様感謝祭には、トヨタのプリウスアルファと並べて展示。
展示だけの予定でしたが、即席の試乗会も行いました。
 そして今月。リーフの一周年を前に、私自らが空き地でゴツン!
 リーフのフロントバンパーを傷物に(/ω\)。
この一年総走行距離は15897キロ。当初は一年で20000キロを目論んでおりましたが、冬場のヒーター使用による電力消費の多さ、ひいては走行距離の伸び悩みも手伝って、このような結果となりました。
20120228_130933
この一年、身銭を切って、EVのポジもネガも体験してまいりました。
そして、数々の能書きを言えば言えるのですが、私がこの場で申し上げたいことは
EVの能書きでは決してありません。
EVは内燃機関にとって変わるのか?とって変わる価値があるのか?
車の未来は?スマートグリッド構想は?
そして何より、リーフの走りは実際どーよ?
このような事を、お客様もEV体験を踏まえて考えていただきたい。
いや、べつに考えなくて良いですから、とりあえずリーフに乗ってみていただきたい。
EVは怖くないです。相馬自動車商工がついてます!!
いつでもご一緒します。どうぞお気軽にご試乗ください。

20110228_110650

20110426_123838

20110530_163255

20110605_113851

20120210_080453

実はHip'sさんとのコラボによる次の企画を考え中です。
リーフの一周年を記念して、リーフにも誕生日プレゼントを考案中です。
このブログでもアップして参りますので、どうぞお楽しみに。

2012年2月18日 (土)

やっちまいました(´;ω;`)

 やっちまいました。
夜6時30分頃。
道を間違えて。
住宅街の空き地で。
Uターンするときに。
前方にある。
切り株に。
気がつかずに。
フロントバンパーを。
ガリッと・・・・・・。
20120210_080439
20120210_080453
20120210_080503
ガリッと。かな?
いや、もうちょっと、その、”ゴリッ”かな?
”コリッ”ではないよな・・・・・・。

そんなことはどうでもいいか・・・・・・。
次の日、朝礼で、わたしは言いました。
”みんなも気を付けましょう・・・・・・(*´∀`*)”

できれば夢であって欲しい・・・・・です(泣)


 

2012年1月22日 (日)

EV講習会に参加して参りました。

 乗ってるだけで、実はまり良く分かっていないニッサンリーフの事を勉強しようと、整備振興会北那須支部青年部主催の”EV講習会”に参加して参りました。
 各事業所一名の参加でお願いします。とのことでしたが、
”実習車両を提供しますので。”と言って、強引に(?)2名の参加者枠をいただき、私ともう一人、平成生まれの期待のホープ、押元メカを引き連れて行ってまいりました。
 講師の先生は、栃木日産自動車販売のサービス本部の方々。
お二人とも、国家一級整備士の、猛者であります。
講義はまずは座学から。
普段リーフを乗り回していても、知らないことがいっぱいでした。
特に、車検や点検の点検項目に関する説明では、ガソリン車に比べて大幅に点検項目が省かれていること。
リーフでは、パワートレイン系のほとんどの箇所がメンテナンスフリー化されていることなどを学びました。
Pic_0017
↑講習会は小豆畑部長の挨拶からスタートです。
Pic_0018
Pic_0019
これは、整備業にとっては、良し悪しなのでしょう。が、これからEVを購入するお客様にとりましては、明らかにメリットであります。
こんなところにも、燃料代だけでない、EVのランニングコストの安さを実感することが出来ます。
EVを選ぶ大きな理由になると思います。
また、なぜリーフのヒーターは、電気だけ消費して、その割には寒いのか?という疑問も
解消することができました。
(疑問が解消しただけで、ヒーターは相変わらず寒いですが(/ω\)
続いて、お待ちかねの実習。
今回は栃木日産さんが用意してくれた一台と、当社が提供した一台の、計2台による豪華な
講習となりました。
Pic_0025
Pic_0036
Pic_0037
実習では主にリーフのレスキュー時の取り扱いについて勉強いたしました。
リーフも車ですから、故障も事故もありえるわけですが、万一の事故のとき、360ボルトもの高電圧を遮断するブレーカーの外し方や、電気がなくなると自動的にパーキングに入って、抜けなってしまうパークロックシステムの解除の仕方は、我々整備士には必須の内容でした。
さらに、リーフの場合、機械式ではなく電気式のサイドブレーキを採用していますので、
電気がなくなると、このサイドブレーキも解除できなくなってしまいます。
この解除の仕方も勉強してきました。
Pic_0038

なんと、リーフのブレーカーはここについています。
このサービスプラグを引き抜くと、高電圧を遮断できます。
Pic_0040
引き抜いたところ↓
Pic_0041
パークロック解除には、キーオンのまま、Nレンジにシフトしてここのヒューズを外します。
Pic_0057
さらに、電気式サイドブレーキを、手動で解除する方法。
結構笑ってしまいます。

Pic_0049
トランクにある穴から車載の専用工具を突っ込んで、グリグリグリっと回すのだ。これは
若い押元メカにやってもらいました。覚えたかな?
雪が降る日。極寒の実習場での講習会でしたが
ひとりの凍死者もなく(笑)
一番知りたい!と思っていることをしっかり学べました。
ご協力いただきました栃木日産自動車販売サービス本部の皆様、整備振興会教育部の
後藤様に感謝いたします。
今度当社でリーフにご試乗いただくときは、この講習で聞いたことを知ったかぶりでご説明させていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。(*´∀`*)


2011年12月31日 (土)

リーフ、初めての冬。

 当社のニッサンリーフが、はじめての冬を迎えました。
冬と言えば、暖房です。
それはEVでも同じです。
リーフにもちゃんと暖房(ヒーター)が装備されています。
当たり前ですが、装備されていないと、寒くて乗ってられません。
しかし、この暖房(エアコンと言わず、あえて暖房、ヒーターと呼ぼう)
が、かなりの曲者です。
聞いてはいましたが、消費電力が、かなーりおおい。
走り始めに航続距離200キロと表示されていても、暖房を最高温度でガンガン効かせると、たちまち50キロくらいは航続距離が減ってしまいます。
仕組みとしては、ガソリンエンジン車と同じく、熱線で水を温めて、それをヒーターの熱源として使うという代物らしいです。
まさか暖房用に燃焼式ヒーターとしてガソリンエンジンを積むわけにもいかないでしょうから、
こうなってしまうのでしょうが、効率的には、他にやりようはなかったのでしょうが?
いやほんと。
また、もうひとつ感じたのは、ヒーターの予熱というものにほとんど期待できないということです。
普通のガソリンエンジン車でしたら、エンジンが温まってくると、なんとなくぽやぽやとあたたかい空気が室内にただよってくるものですし、ヒーターをオフにしても、そのぽやぽや感(#^.^#)
のおかげで、なんとなく室内がぬくいということもあるのでしょう。
しかし、リーフの場合は、ヒーターをオンにするまでは室内が温まる気配すら漂ってきません。
また、エンジンがないため、ヒーターオンで、はじめて暖房用の水を加熱し始めるといった感じで、何十キロ走ったあとでも、ヒーターオンから温まり始めるまでのタイムラグはあります。
さらに、停車中にヒーターをかけておいても、後続可能距離が減っていきます。
泣けます。(/ω\)
乗る前エアコンで室内を温めておくという手はあるのでしょうが、出先でヒーターをかけることを考えると、それほど効果的と思えません。
根本的な対策は、無いのでしょうが、せめて買うときに寒冷地仕様のヒーターシートを選んでおけばよかったです。
20111226_141315

リーフでスキー!
なんてレポートをぜひ書いてみたいものですが・・・・・・。

2011年11月20日 (日)

追突されました・・・・・・(泣)その2

 先日追突されました当社のリーフのバンパー交換を行いました。
やっと元のカラダに戻れます(笑)。
082442
いきなりですが、交換するバンパーを、箱を開けて取り出してみました。
リフレクターははりつけではなくネジどめです。
外して再使用します。
082158
082503
写真で見るとまるっきりわかりませんが、実物はしっかりキズついてます。
これを取り外します。
・・・・・・と思ったら、いきなり交換完了。(笑)
写真を撮る暇がなかった。
もう一回外してくれとはまさか言えず・・・・・・。
せっかくリフトアップしたのでリーフのディティールをお目にかけましょう。
まず下回りは全てカバーされて、まっ平らになっています。
見てもつまんないです。
082047
でも、よくみるとリヤアクスルのところから電池が見えます。
082059
肝心のリやバンパーなのですが、リーフ(に限らずですが)
最近の車はナンバーブラケットにヒンジが付いていて、ナンバーを外さなくても
ヒンジのところでブラケットを曲げて、
リやバンパーだけスルっと抜くことができます。
092656
ついでというわけではないですが、
スタッドレスタイヤに交換しました。
16インチのグッドイヤーアイスナビゼア。現行モデルのアイスナビゼア2ではありません。
なぜかというと、安いから(#^.^#)
最新のタイヤを、身銭を切ってレポートするのがすじなんでしょうが、
16インチは、高い・・・・・・。見逃してやってください。
ちなみに、ブレーキは、見た目ガソリン車のそれと変わりません。
084501
フロント↑
084447
リヤ↑
そしてこれがアイスナビゼア
084626
084609
084420
125429
092759
外してみると、プレートはしっかり曲がってます。
整備振興会さんに再封印をお願いしました。
さらにこちらが取り外したバンパー↓
120511
ゴミ置き場にありますので、欲しい方は拾っていってイイですよ。
(いらないでしょう。普通は。)
というわけですので、無事当社のリーフは復活を果たしました。
まあ、リーフといえども普通の車ですから、道を走っていれば追突されることもあるでしょう。
今回はドライバーにケガもなく、物損ですんで何よりでした。
リーフに何かあれば(事故はゴメンですが)、今後ともレポしてまいります。

2011年11月 9日 (水)

追突されました・・・・・(泣)

 今まで黙っていましたが、じつは、やられました・・・・・・(ρ_;)
追突です。後ろからどーんと・・・・・・。
 20111104_130148
傷ついてるのがお分かりでしょうか?
20111104_130202
微妙にですが、ナンバープレートも曲がっています。
20111104_122758
 追突されたのは、大田原の某所。
ありがとう祭の2日前。展示するのにどうしよう・・・・・・。と一瞬思いましたが、
 幸いにもドライバーは無傷。車も、遠目にはわからないだろう(?)ということで、そのまま
黙って展示しておりました。
 相手の過失100パーセント。保険あつかいで修理します。
すでに大物部品のバンパーフェースは届いております。
20111108_183923
20111108_183943
すぐにでも修理を。といいたいところですが、傷ついたナンバープレートの再交付にはちょっと時間がかかります。
リヤバンパーを外すためにはリヤのナンバープレートを外さなきゃいけない。
リヤのナンバープレートを外すには封印を壊して外さなきゃいけない。
封印を外すと、乗れない。
というわけで、リヤのナンバープレート待ち。ということで作業はおあずけです。
それにしても、デフューザー形状になっているこの色塗り済みのバンパー、
さぞかし値段が高いのだろうと思っていましたが、税別定価43800円。
フツーですかね。
注文して中一日で入荷いたしました。
せっかくぶつけられたのですから、これをねたにしてやろう。と私は考えました。
こうご期待!(というほどでもないか?)

 
 

2011年10月19日 (水)

あらためて、ニッサンハイパーミニをながめてみる。

 ニッサンが発売した電気自動車は、実はリーフが初めてではありません。
平成11年にハイパーミニというEVを発売しておりました。
ホンモノはめったにお目にかかりませんが、私の母校でもある日産栃木自動車大学校では
エントランスに展示してあります。
 実は先日技能競技大会の応援に行ったときに、しみじみと眺めてまいりました。
20110911_133047
20110911_133058
かっこよくないですか?これ。
 満充電で115キロ走行できて、最高速は時速100キロ。
充電は200ボルトで4時間。
もしかして、これって、シティコミューターとしては十分な性能では?
価格は確かリーフと同じくらいだったような。
なお、充電には専用の充電器が必要ですので、
出先で電欠したらという需要にはまるで応えられていです(*^.^*)
(急速充電には対応してません)
20110911_133109
買っときゃよかったー!
・・・・・・とはさすがに思いませんが。
乗っときゃよかったー。
ちょっとそう思います。
今買おうと思えば、どっかに売ってるんでしょうか?
と思ってカーセンサーで検索してみました。
もちろんヒット数はゼロ。まあ、こんなもんでしょう(笑)。