2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 真っ赤なカローラフィールダーハイブリッドをお買い上げいただきました。 | トップページ | 東京モーターショー2013に行ってまいりました。(その2) »

2013年12月 6日 (金)

東京モーターショー2013に行ってまいりました。(その1)

 業界あげてのお祭りだ!というわけで、2年に一度の東京モーターショーに行ってまいりました。最近の傾向として、とにかく突飛で現実味のない空想世界の乗り物のようなコンセプトカーの出品は減少し、市販の可能性を感じさせる出品車両が増えたと思います。
これを夢がないと見るか、地に足がついて堅実になったと見るかは人それぞれでしょう。
 仮にですが空飛ぶ車が発売されたら、”空を飛んだら車じゃない”とか言い出す奴がいるわけで、能書きたれたらきりがない。で、”先入観を持たずに楽しむこと”を自分の中の目標として、人ごみでむせ返るようなモーターショー会場に出向いた次第であります。
111751
日産IDXバージョンニスモ。
これが一番見たかった!
個人的には、市販されたら買います宣言をしたいところですが、スペックは一切わかりません。
”若者の感性を取り入れて開発した車”ということらしいですが、
なにげに昭和テイストをぷんぷん感じるのはなぜでしょうか?
まあ、この確信犯とも言うべきクルマに、バリバリ昭和の私なんかは、やられちゃったわけです。
164534

164511

今回もっとも人だかりが多かった車。
ホンダS660。
能書きは、ネットの記事や雑誌をご覧いただくとして、
本気モード前回の軽のミッドシップスポーツ。スキのない雰囲気が魅力。
”軽だから”という言い訳を許さない雰囲気を感じます。
これも市販予定車ということですが、注文から納車まで一年待ちなんてことにはならないでしょうかね?
133955
133822
同じ軽スポーツのダイハツコペン。
こちらは来年中に市販されるそうです。
写真で見たときは
正直カッコ悪い・・・・・。
絶対S660の方が売れるだろう。
と思っていましたが。
(ダイハツをひいきするつもりはないですが)
実物はイイですよ。ほんとに。
こっちはFFオープンスポーツ。
先代のアクティブトップ(自動開閉式の屋根)は新型でも採用されています。
ボディパネルは脱着着せ替え可能になっていて、簡単に2種類のコペンを楽しむことができるのも売りです。
135104
135116
どーです?
同じ軽のオープンスポーツと言っても、こうして見比べると”本気のスポーツモード全開”
のホンダに対して、”気軽にオープンエアクルージングを楽しもう”的なダイハツ。
2台のクルマ作りの考え方の違いが見え隠れしませんか?
そして、2台並べてよーいドンすれば、結局勝負を決めるのは、ドライバーの腕の差。
コペンとS660の差がそれほど開くとは考えられません。
ちなみに、コペンが市販されたあかつきには、ダイハツ業販店の相馬自動車商工としては、試乗車を導入しないわけには、いかんだろう。
ということを申し添えます(´∀`)。
次、
トヨタブースのFT86オープンコンセプト
160233
160248
モデルさんの美しさにばかり目がいきますが(笑)、
イギリスのジャガーみたいな美しいオープンに生まれ変わった86であります。
これで峠やサーキットを攻めるシーンはあまり想像できないのはなぜでしょう?
最低限の荷物を小さなトランクに押し込んで、
もちろんトップは全開で、高速道路をクルージングなんていうシーンが似合いませんか?
買うならもちろんオートマだ。
市販予定は未定とのことですが、発売しなくてどーするよ?
Z34のオープンとかを検討してる人には十分に”刺さる”車だと思うのですが。

というわけで、ネタを引っ張る意味も込めまして、
東京モーターショー2013特集その1
スポーツモデル編を終了いたします。
以下アンコールね。↓
133103_2
134024
20131130_160642

能書きは不要でしょ(^O^)

というわけで、その1スポーツモデル編を終了いたします。
次回”東京モーターショーに行ってまいりました。その2”をお楽しみに!

« 真っ赤なカローラフィールダーハイブリッドをお買い上げいただきました。 | トップページ | 東京モーターショー2013に行ってまいりました。(その2) »

大切なお知らせ(必読!)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2013に行ってまいりました。(その1):

« 真っ赤なカローラフィールダーハイブリッドをお買い上げいただきました。 | トップページ | 東京モーターショー2013に行ってまいりました。(その2) »