2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 超お買い得!ジムニークロスアドベンチャーが入荷いたしました。 | トップページ | 期間限定。当社の試乗車ムーヴXSAをお譲りします。 »

2013年6月26日 (水)

BMW Z3ウオーターポンプ交換

 以前にも外車の弱点としてアップしたかもしれませんが、またしてもウオーターポンプの故障で入庫された
お車の修理ネタです。
 今回のクランケは、BMWのスペシャリティーオープンスポーツZ3。
弱点であるウオーターポンプの故障により、結構かわいそうな状態であります。
20130613_094807


プラスチック製のウオーターポンプは、バラバラに壊れてます。

20130613_094852


ウオーターポンプにくっついているクーリングファンもバラバラに。

20130613_094907


バラバラになったクーリングファンが暴れたせいか、カップリングも壊れてます。


20130618_152956



暴れたクーリングファンがラジエターも壊しました。
ファンのあとが丸くついているのがお分かりでしょうか。

お客様によると、”ボン”という音とともにチャージランプが点灯した。
ということですが、
これはウオーターポンプ破壊により、軸がずれて、ファンベルトが外れてオルタネーター(発電機)が回せなくなったためです。
いっそファンベルトでも先に切れてくれたほうが、二次被害は少なかったような・・・・・・。
運が悪かったのでしょうか。それともヨーロッパ車の構造的な問題か?
このプラスチックのウオーターポンプはフォルクスワーゲンなどにも多く使われています。
もし予防整備をするなら、ウオーターポンプの早期交換は欠かせません。
ちなみに国産車はほぼ金属製のウオーターポンプが使われておりますので、急にポンプがバラバラになるなんてことはないと思います。
20130613_094944s


« 超お買い得!ジムニークロスアドベンチャーが入荷いたしました。 | トップページ | 期間限定。当社の試乗車ムーヴXSAをお譲りします。 »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW Z3ウオーターポンプ交換:

« 超お買い得!ジムニークロスアドベンチャーが入荷いたしました。 | トップページ | 期間限定。当社の試乗車ムーヴXSAをお譲りします。 »