2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ダイハツハイゼットカーゴをお買いげいただきました。 | トップページ | ニッサンセレナをお買い上げいただきました。 »

2012年12月20日 (木)

相馬自動車商工の、頼れる若手メカニック

最近の修理屋は、エンジニアでなくチェンジニア(部品交換屋 )だ。
などと、揶揄されて、早20年。"最近の"は、もう最近じゃなくなっちゃいましたが、
こういう話は、ちょうど車の電子制御が進んだ頃から盛んに言われ始めたような気がします。
やっている私たちからすると、エンジニアだとかチェンジニアだとかは別にどうでもいいような感じなのですが、車を直すということの中に、診断や部品交換の占める割合がすごく多くなってきたのは事実でしょう。
逆にいえば、的確な診断、素早い部品交換ができることこそ、最近のメカニックに求められることなのであって、いわゆる、"無いものを作り出す"的な職人技は、もはや伝統芸の域。
まあ、そうは言っても、機械モノが好きで、車が大好きじゃないと勤まらないのがこの世界。
今日は、エンジンのオーバーホールを、本当に楽しそうにやっている当社メカニックをご紹介いたします。
Image_2

Image_3


Image_4


Image_5
どーです?
最近はめったにやらないエンジンオーバーホールなのですが、
ピストンを洗浄している和泉メカ
(下の写真 )
バルブすり合わせをやっている押元メカ( 上の写真 )
も、何で笑顔なのでしょうか?
( 私がカメラを向けたからという説もあるが)
組み上げたエンジンが元気になって、車が調子良く走り出す。
これって、昔から変わらないメカニックの醍醐味なんだろうなあ。
ところで、この2人はまだ20代。
頼れるメカニックのおかげで、私も楽しいです。
相馬自動車商工に修理をご依頼の際は、メカニックのご指名もうけたまわります(笑)。
どうぞお気軽にご来店ください!(^_^)

« ダイハツハイゼットカーゴをお買いげいただきました。 | トップページ | ニッサンセレナをお買い上げいただきました。 »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相馬自動車商工の、頼れる若手メカニック:

« ダイハツハイゼットカーゴをお買いげいただきました。 | トップページ | ニッサンセレナをお買い上げいただきました。 »