2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« マツダタイタンダブルキャブをお買い上げいただきました。 | トップページ | 本日の営業時間変更のお知らせ »

2012年8月 6日 (月)

ミツビシリベロのエアコンコンプレッサーは、なぜ爆発(笑)したか?

 リベロのエアコンコンプレッサーが破裂した件でありますが、
原因がわかりました。
 いわば”自爆”であります。
というわけで、取り外したコンプレッサーを分解してみました。
20120804_163501

20120804_163511
一般的なベーン型のコンプレッサーではなく、ぐるぐる渦巻きが中で回る型(?)でありました。
何型と言うんですかね?こういうの。
 ミツビシの家庭用エアコンと同じなのかなんなのか、スクロール型とでもいうのでしょうか?
これまた珍しい。それともこちらが勉強不足なだけでしょうかね。

20120804_163526
で、このぐるぐる渦巻きが、割れてるんですよ。

20120804_163537

破片なり。

結論としては、このコンプレッサーの、渦巻きが、壊れて、破片がコンプレッサーのボディを割ったと。
こういうことになるんでしょうか。
では、なぜ渦巻きが壊れたか?
頭の中がぐるぐる渦巻きになりそうなので、ここでは、まあ、そういう品質だから。ということにしておきます。(-.-)
 ただ、それを裏付けるお話をひとつ。
通常コンプレッサー交換は、必ずリビルト品(再生品)を使います。
ところが、この型のコンプレッサーには、再生品が存在しません。
送られてまいりましたのは、れっきとした新品。

20120804_145341

もちろん手前です。
この型のコンプレッサーは、再生するにはちょっと・・・・・・。
というのが、リビルト業界の通説になっているのでしょうか?
 とりあえず、今回の修理は、このコンプレッサーと、レシーバータンクを交換して終了と言うことになりそうです。
事故などによる破壊はたまに見ますが、なんというか、自己崩壊というか、こういうパターンは、珍しい。
最近修理ネタに飢えていた皆様(と、わたし)にとって、またとないネタとなったのではないでしょうか?


« マツダタイタンダブルキャブをお買い上げいただきました。 | トップページ | 本日の営業時間変更のお知らせ »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« マツダタイタンダブルキャブをお買い上げいただきました。 | トップページ | 本日の営業時間変更のお知らせ »