2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« トヨタラクティスをお買い上げいただきました。 | トップページ | 錆と汚れで詰まったヒーターコア »

2011年2月 6日 (日)

マツダベリーサ、インマニガスケット交換

 質感の高いコンパクトカーとして登場したマツダベリーサです。
実際足回りの出来とかは大変上質で、乗り心地もよく、本当に一クラス上の車といったイメージです。ドイツのコンパクトカー、フォルクスワーゲンポロを思わせる走りは、なかなかよいです。
 本日は、そのベリーサが、エンジンチェックランプの点灯という故障で入庫しました。
診断によると、O2センサー系統の不具合なのですが、実際にアクセルを踏み込むと、
O2センサーは、きちんとフィードバック信号を出しています。
 ではその故障原因は?
これでした。
20110201_125939
インテークマニホールドのガスケットが、劣化によりつぶれています。
こうなっちゃうと、マニホールドのガスケットの隙間から余計な空気を吸って、
アイドリングでは常に、実際の吸入空気量よりも多い空気がマニホールドから入ってきてしまいます。すると、アイドリング状態では、O2センサーは、リーン信号(燃料が薄いという信号)
しか出さなくなってしまい、センサー不調ということで、チェックランプを点灯させるというわけです。
 実際の交換作業の様子です。
20110201_130001
20110201_130020
20110201_125855
整備は和泉メカが担当しました。
作業後、もう一度診断をかけて完成です。

« トヨタラクティスをお買い上げいただきました。 | トップページ | 錆と汚れで詰まったヒーターコア »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダベリーサ、インマニガスケット交換:

« トヨタラクティスをお買い上げいただきました。 | トップページ | 錆と汚れで詰まったヒーターコア »