2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« お買い得中古車情報! | トップページ | 大田原鈑金さまのお客様感謝祭に行ってきました。 »

2010年11月23日 (火)

ダイハツムーヴのエンジン交換

 オイル管理が悪くて焼き付を起こしたダイハツムーヴのエンジンです。
Nec_1121
すごいヘドロ状のオイルスラッジがこびりついています。
ピストンリング焼きつきで、オイルが燃えて煙を吐いております。
2度ほどオイル管理が悪くてエンジンが止まってしまい
当社で出張しています。
末期症状というか、ここまでこのエンジン良くがんばったというべきか。
いずれにしましても、最も安く修理する方法として
中古エンジンへの交換ということになります。
Nec_1114
Nec_1113_2
↑吸気側へのブローバイの吹き返しが半端ではありませんでした。
ピストンリングが固着していれば当然こうなります。
最近のエンジンは、非常に丈夫で、オイルと冷却水の管理さえしていれば、
そう簡単に故障しません。
が、逆に言うとオイル管理の悪さはエンジンにとって致命的というわけです。

相馬自動車商工で2回オイル交換していただければ、
お客さまのお車の使い方からオイル交換時期を計算して、
タイミングよくオイル交換のお知らせのダイレクトメールをお出ししています。
このダイレクトメール、なかなか好評なんですよ。
”車のことばかり気にしていられない”
というお客様ほど、ぜひ当社でオイル交換させてください。
絶対に後悔させませんよ。

« お買い得中古車情報! | トップページ | 大田原鈑金さまのお客様感謝祭に行ってきました。 »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事