2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ゆるゆると、まったりと。 | トップページ | AZ−1のクラッチケーブル交換 »

2010年8月18日 (水)

Y34セドリック、メーター照明修理

メーター照明修理というのでしょうか?
正確には透過式のメーターパネルの燃料ゲージの部分だけ見えなくなったというトラブルです。
透過式のメーターって、すごく高級感があって、セドリックのような車の演出としては
もってこいだとは思うのですが、一度照明の電球が切れると、昼間でもまったく見えません。
これは、はっきりいって安全の面からもかなり問題かと思います。
実際の修理のもようです。
Nec_0676
この車のメーターはご覧のようにばらせます。
ていうか、こうしないと電球交換が出来ません。
ばらしてしまうと、高級なのか何なのか良くわかりませんが、ここまでばらすのは大変。
どこにどんな電球を使っているのか、わからなくならないようにメモが貼り付けてあります。
ちなみにメーターパネルの電球をオーダーすると、10個セットでしか出ません。
分解するのが大変だから、全部取り替えておけということでしょうか?
まあ、このばあいかえって親切な配慮だと思います。
いってみればこれだけの修理なのですが、真夏の暑いさなか、メーターパネルの分解のような細かい作業は、ひじょうに癇にさわるというか、いらいらしてきます。
ベテランのTメカニック、ご苦労様でした。

« ゆるゆると、まったりと。 | トップページ | AZ−1のクラッチケーブル交換 »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事