2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ハイブリッドカーセミナーに行ってきました。 | トップページ | ハイブリッドカーセミナーに行ってきました(その3) »

2010年2月18日 (木)

ハイブリッドセミナーに行って来ました(その2)

で、いよいよセミナーの実習です。
Nec_0048
で、いきなりですが、これなんだ?
わたしもはじめて見ましたが、これがW10(最初期型)プリウスのハイブリッドバッテリーの
中身です。わりと普通の電池の形をしていますよね?
この電池を一個一個直列につないで288ボルトにしているそうです。
Nec_0047
で、上の画像がそのバッテリーモジュール全体です。
これがひとかたまりでごそっとトランク前側に入っています。
Nec_0049
上の画像はW20プリウスとW10プリウスのインバーターユニットです。ハイブリッドバッテリーの直流電流を、モーターを動かすための交流電流に変換します。
また、DC-DCコンバーターも納められていて、ハイブリッドバッテリーの201ボルトの電圧を下げて、補機バッテリー12vの充電を行います。
左がW20右がW10。
大きさは同じように見えますが、W20の方がかなり軽いです。
では、早速インバーターをはずしてみます。
というかすでに外れてます。
(*^.^*)
実は、外す前には、絶縁手袋をつけてトランクルーム内にあるサービスプラグを抜いて、
10分くらい放置します。
(コンデンサーに残っている残留電圧を放電させるため)
そして、外れました。
Nec_0068_2
Nec_0067_2
Nec_0069_2
↑これが取り外したW30プリウスのインバーターです。
小さいですよね。
外すときに持ちあげましたが、軽いです。W10に比べると、半分くらいの感じです。
インバーターそのものの分解修理はほとんどなさそうですが、
インバーターを取り外さないと出来ない修理は結構多そうです。
(冷却水の配管などがインバーターの下に配置されています)
このあと、取り付けて、水抜きのやり方を勉強して、おしまい。
何とか、元に戻りましたo(*^▽^*)o

セミナーに参加しての感想ですが、
ハイブリッドといえども、決して私たちが出来ない修理ではない。ということです。
キャブレター車なりの技があるように、ハイブリッドなりの技を身につければいいのです。
相馬自動車商工では、5人のメカニックがハイブリッドセミナーを受講しています。
また、これからも勉強を続けていきます。
ハイブリッドでもなんでも、どうぞお気軽にご相談ください!

« ハイブリッドカーセミナーに行ってきました。 | トップページ | ハイブリッドカーセミナーに行ってきました(その3) »

大切なお知らせ(必読!)」カテゴリの記事