2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« スズキスイフトをお買い上げいただきました。 | トップページ | フォルクスワーゲンシロッコに乗ってみました。 »

2009年12月14日 (月)

オトコノココアその3

はじめてココアに給油いたしましたので、燃費報告などができると思います。
今回は517.7キロ走って28.2リットル給しましたので、燃費18.358km/lになりました。
20キロ走ると思ったのですがねえ。
やっぱりスタッドレスタイヤが影響したのでしょうか。
ちなみに、街中70パーセント、高速30パーセント、ワインディング、郊外路0パーセント
という、やや偏った走行状況ではありましたが。
それでもタントのときは15-6キロくらいが平均でありましたので、今後に期待ということでしょうか。
Kokoarapann
ちなみに今回ちょうどデモでお借りしたスズキラパンとミラココアを比較する機会がありました。
はっきり言って、ミラココア自体、スズキラパンにぶつけて発売してきた車であることは明らかです。
ボディサイズも排気量も当然同じ。選ぶ理由はデザインだけ?とは思いますが、
意外なことに使い勝手に差がありました。
2台ともドアノブのリクエストスイッチを押すと開錠施錠が出来るのですが、
ラパンのリクエストスイッチは運転席助手席、バックドアについているのに対し、
ココアのリクエストスイッチは運転席にしかありません。
これで、どういうことがおきるかというと・・・・・・。
一度車から降りたあとに助手せきに荷物を置く、あるいは助手席の荷物を取る。
というケースが結構あります。
ラパンの場合は助手席から簡単に開錠できますが、ココアは一度運転席側に回って開錠しなければいけません。
”リモコンであければいいじゃん”と思われるかもしれません。が、
キーレスエントリーになれちゃうと、そもそもキーを取り出す習慣が無くなってしまいます。
(むしろ、キーのとじこみをしないためにはその方が良い)
リモコンを取り出して開錠・・・・・・というのは、実際にはかなり面倒になります。
この辺の使い勝手は買ったあと、あるいは2台を比べてみないと、実感できないと思います。
ダイハツは、得意のキーフリーシステムにすればよかったのにと思います。

Miramira

ちなみに某所にて、先代のミラジーノと並べる機会がありました。

どうですか?

« スズキスイフトをお買い上げいただきました。 | トップページ | フォルクスワーゲンシロッコに乗ってみました。 »

大切なお知らせ(必読!)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オトコノココアその3:

« スズキスイフトをお買い上げいただきました。 | トップページ | フォルクスワーゲンシロッコに乗ってみました。 »