2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« まとめてご紹介します。ほんの最近お買い上げいただいたお車です。 | トップページ | 送信テスト »

2009年7月18日 (土)

おまちどうさま!修理ネタです。

 最近修理ネタが少ないな。と自分でも思っておりました。
申し訳ありません。
 久しぶりに修理ネタを投稿します。
Nec_0898 この車。ご存知とは思いますが

(*^-^)、日本の誇るライトウエイトミッドシップスポーツ、MR2であります。
しかもこのお車はスーパーチャージャーのついた後期型。
マンガ”カウンタック”の主人公も
乗っていましたよね。
で、後期型といっても平成一年式。
年式のわりにはきれいなお車です。
今回は全労済のロードサービスで
当社に入庫いたしました。
”サービスエリアでエンジンを止めたらそれっきりエンジンがかからなくなった”
という状態。
タイミングベルト切れか?
と思われましたが、タイミングベルトは、クランクスプロケから外れた状態。
切れたわけではありませんでした。
とはいえ、年式も年式ですので、当然タイミングベルト交換。
ついでにウオーターポンプもという定番コースでの修理となりました。
それにしても、タイミングケースカバーをあけた状態で、タイミングベルトをかけて
エンジンを始動して、無事にエンジンがかかったときは、ほっと一安心という感じでしたよ。
このお車に搭載されるエンジンは、もちろん名機4A-G。
ピストンがバルブを突き上げなくて良かったです。
Nec_0899 平成一年から一度も
タイミングベルトを交換していないだけあって、クランクプーリーが
抜けなくて、相当苦労した様子。










Nec_0903 何とか外れましたが、このあと
この画像の下のほうに見えているウオーターポンプをはずすのに
また一苦労。
作業を担当したベテランメカニックM氏(本人も初期型スーパーチャージャーなしのAW11MR2のオーナーです)によると。
”同じMR2でもスーパーチャージャー付は別物”
とのこと。
恐ろしく作業性が悪いこのお車に
辟易した様子でした。
作業性の悪さも
スーパーカー並なのでしょうか?
フェラーリはエンジンを下ろさないとタイミングベルト交換が出来ない。
とか、フェラーリの、パワステは、据え切りすると一発でオイル漏れを起こす。
とか、私はやったことがないのでわかりませんが、
スーパーカーにはスーパーカーにまつわる”都市伝説”みたいな物がついて回ってますよね。
何はともあれ、トヨタの誇る量産ミッドシップマシンの復活までもう少しです。

« まとめてご紹介します。ほんの最近お買い上げいただいたお車です。 | トップページ | 送信テスト »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまちどうさま!修理ネタです。:

« まとめてご紹介します。ほんの最近お買い上げいただいたお車です。 | トップページ | 送信テスト »