2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ホンダアクティバンをお買い上げいただきました。 | トップページ | 展示車変更のお知らせ »

2009年2月22日 (日)

車はほんとはこんなに走る

 Nec_0083

車検で御入庫いただいたコロナエクシブです。

今回の車検ではフロントブレーキパッド、リヤブレーキシュー、ロッカーカバーガスケット、デスビオーリングなどを交換させていただきました。

びっくりするのは

下の画像です。

Nec_0082

走行387887キロ。

これはやらせでもCGでもありません。

このお車は平成8年式ですので、登録から13年。

年間走行距離は約30000キロ。

車検から車検の間で

60000キロほど走行する計算です。

さすがトヨタというか、さすが現代の日本車。

タフであります。

本当は車はこんなに走っても全然平気なのです。

ただし、メンテナンスは必要です。

オイル、冷却水、バッテリーはもちろん、消耗部品といわれる

ブレーキパッド、タイヤ、ベルト、スパークプラグ類。

さらに経年で劣化することが予想されるゴム部品(ガスケット、パッキン類)

ショックアブソーバーやブッシュ類も当然交換時期がやってきます。

一回の車検で、かなりの部品交換が必要になることは仕方がないのかもしれません。

また、これだけの距離を走るお車ですから、法定12か月点検は必須です。

 しかしそうは言ってもこのお車のエンジンは問題なく回っていますし、オーナー様は、遠くまで毎日通勤に使っています。

これは、エンジンオイルと冷却水のチェックをこまめに行い、定期交換を欠かさなかったからでしょう。

 壊れたら直す。修理工場の仕事としては当然のことなのですが、

お車を長くお使いになりたいお客様は、

壊れる前のメンテナンスをぜひお勧めします。

”車に金をかけない”皮肉でも何でもなく、これは立派なポリシーだと思いますが、

”機械ものは壊れる”これも紛れもない事実であります。"自分の車だけは壊れない"

ということは、まあ、期待しないほうがいいんじゃないでしょうか。

 相馬自動車商工ではお車のメンテナンスについても親切にアドバイスさせていただきますので、どうぞお気軽にご利用ください。

本日は日曜日ですが、夕方5時まで張り切って営業しております!(o^-^o)

« ホンダアクティバンをお買い上げいただきました。 | トップページ | 展示車変更のお知らせ »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車はほんとはこんなに走る:

« ホンダアクティバンをお買い上げいただきました。 | トップページ | 展示車変更のお知らせ »