2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 同級生のキャロル | トップページ | またまた展示車変更のお知らせ。 »

2008年9月 4日 (木)

かわいそうな日産マーチのお話

JAFさんに牽引されて入庫した日産マーチです。
これはいかにもかわいそう。
何でこんなことになったのかまったくわかりません。
March0003 こんなふうにして現在エンジン載せ代え中。


March0001 なんと、シリンダーブロックに穴が開いてます。


March0002 反対側にも穴が開いて、開いた穴からコンロッドが見えてます。

俗に言う、エンジンが足を出したという状態が、これです。
わたしははじめて、ではありませんが、久しぶりに見ました。
仮にオイル管理が悪かったとしても、なかなか
こういう状態にはなりません。
相当高回転でぶんまわしたのでしょうか。
とはいえ、この車はオートマだし。エンジンの回転制御はしてるだろうし。
それに、最近のエンジンはタフですから、
ちょっとやそっとでエンジンが足を出すなんてことはないはず。
でも、こうして現実にあったんですよね。
作業としては、中古エンジンに載せ代え、ということになります。
わたしもびっくりしましたが、いちばんびっくりしたのは
この車のドライバーさんではないでしょうか。

« 同級生のキャロル | トップページ | またまた展示車変更のお知らせ。 »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわいそうな日産マーチのお話:

« 同級生のキャロル | トップページ | またまた展示車変更のお知らせ。 »