2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ついにブログに手を染めました。 | トップページ | 新型トヨタプレミオ »

2008年1月19日 (土)

ポロのタイミングベルトテンショナー

Dsc00217 これなんだ?

フォルクスワーゲンポロのタイミングベルトテンショナーであります。

なんか割れてるというか外れてるというか。

実はこのポロ走行70000キロくらいです。

ちょっと壊れるの、早いんじゃない?ていうか、普通、こんな風な壊れ方、しますか?これじゃ決定的じゃないですか。

お客様から、”エンジンから変な音がするんだけどこのままのっていていいですか”というお問い合わせ。

とにかく状況がわからないので、”いやー、乗らないほうがいいでしょう”と答えておく。

あけてみてびっくり。やはり乗らないでいただいて正解でした。

テンショナー壊れてるよ、これ。このまま乗っていたらタイミングベルトが外れて、エンジン(主にシリンダヘッドあたり)にダメージが・・・・・・。

修理代はお安くはなかったですが、タイミングベルト、テンショナー、ウオーターポンプを交換。欧州車はウオーターポンプも弱いです。

一応メーカーは100000キロをタイミングベルトの交換時期としているようですが、フォルクスワーゲンあたりはもっと早めの交換が必要かもです。

少なくても、いつもと違うエンジン音を感じたら、とにかく走らないでください。そして、相馬自動車商工にお電話を。ということで。

« ついにブログに手を染めました。 | トップページ | 新型トヨタプレミオ »

自動車修理ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロのタイミングベルトテンショナー:

« ついにブログに手を染めました。 | トップページ | 新型トヨタプレミオ »